KOSOMA

子育てママ応援サイト

おでかけ・旅行 季節モノ

ゴールデンウィークに乳幼児を連れて新幹線に乗るため5つのポイント

投稿日:2018-02-14 更新日:

今年のゴールデンウィークに実家の広島に息子を連れて帰省しようと思っています。

息子を連れて帰省するのは初めてのこと。
約4時間の新幹線移動が心配で心配で。

事前にできることを調べてまとめてみました。

乳幼児連れの新幹線移動の参考にしてみてくださいね。

2018年ゴールデンウィークはいつからいつまで?

ところで今年のゴールデンウィークはいつからいつまでなのでしょうか?

22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12

5月1日と2日を休みにできれば最大9連休になりますね。

なので、ゴールデンウィークの下りの混雑ピークは28日か29日。
もしくは、5月1日と2日を境目に前半戦と後半戦に分かれることを考えると5月3日も混雑が考えられます。

逆に上りの混雑ピークはやっぱり5月5日か6日あたりでしょうか。

スポンサーリンク

ポイント1 混雑のピークを避ける

せっかくのお休みなので、休みを目一杯楽しみたいところですが、子連れの移動を考えると混雑はできるだけ避けたいですよね。

なので、移動日はピークをずらそうと思います。

先ほどのカレンダーを見てみると、下りのピークは4月28日4月29日5月3日が予想されます。
なので、4月30日を狙って新幹線の予約しようと思っています。
帰りはちょっと早いですが、5月3日くらいにしようかなと考えています。

ポイント2 新幹線の乗車時間はお昼寝タイムを

移動日は移動するだけの日と割り切りましょう!!

新幹線の車内でグズられるとちょっと大変ですよね。
なんせ東京から広島まで約4時間の長丁場なので、愚図る回数はできるだけ少なくしたい。

愚図りだしたらデッキに行けば良いのですが、ゴールデンウィークなどの混雑した車内では、デッキに移動するのも一苦労ですし、デッキにもお客さんがたくさんいることが予想されますしね。

なので、新幹線の乗車時間はお昼寝タイムを狙って新幹線を予約したいと思います。

うちの息子は、11時くらいからがお昼寝タイムです。
とは言っても、いつもと環境が違うと寝てくれなかったりするんですよね。なかなかうまくいかないですが、そこは子供相手なので仕方がないと割り切りましょう。

ただ、新幹線の人気時間帯でもあるので、早めに予約ですね。

ポイント3 授乳やオムツ替えは多目的室を利用

子連れのおでかけでやっぱり気になるのが、授乳やオムツ替えする場所があるかどうかですよね。

さすがに、座席でオムツを変えるのは迷惑だし、できれば授乳も座席ではしたくないですよね。

そんな時は「多目的室」を利用することができます。
ただし、「多目的室」は体の不自由なお客様優先なので、利用できない場合があります。

山陽・北陸新幹線では、全ての列車に「多目的室」を設置しております。「多目的室」のご利用はお体の不自由なお客様が優先となりますが、お体の不自由なお客様のご利用がない場合には、授乳や着替え、お客様の体調の思わしくないときなどにご利用いただけます。ご希望の方は乗務員までお申し付けください。

出典:JRおでかけネット

多目的室の設置号車

編成 設置号車
16両編成 のぞみ、ひかり、こだま 11号車
8両編成 みずほ、さくら、ひかり、ひかりレールスター、こだま 7号車
12両編成 かがやき、はくたか、つるぎ、あさま 7号車

※先約などによりご利用いただけない場合もございます。
※編成は変更する場合がございます。

出典:JRおでかけネット

多目的室を利用した方のレポートがありましたので、参考にしてみてください。

生後2ヶ月の赤ちゃん連れ新幹線。授乳ができる多目的室を使った結果

もし、多目的室が利用できなくてもオムツ替えはできるので、安心してください。

おむつ交換台について

  • 山陽新幹線には、洋式タイプのお手洗いに「おむつ交換台」を設置しています(一部を除く)。なお、お手洗いは奇数号車の東京よりに1両おきに設けています。
  • 北陸新幹線には、洋式タイプのお手洗いに「ベビーベット」を設置しています。なお、お手洗いは奇数号車の金沢よりおよび12号車の東京よりに設けています。

ただ、授乳室などはないので、多目的室が利用できない時の授乳は座席で行うことになります。
そんな時のために授乳ケープをお忘れなく。
また、ミルクの場合は、ミルク用のお湯を準備するこ必要があります。

今後、授乳室などができると助かりますね。

ポイント4 座席は多目的室の近くを確保

先ほども書きましたが、授乳やオムツ替えの際に多目的室やトイレを利用することを考えるとやっぱり多目的室の近くに座席を確保したいですよね。
また、ベビーカーなど何かと荷物の多い子連れ移動。
ベビーカーの置き場所に困りますよね。

そんな方には、車両の前と後の席がオススメです。
最前列は前に人がいないので足元のスペースが若干広く、最後列のシートと壁のあいだにはスーツケースが置けるくらいのスペースがあります。

ですので、広島に向かう私の場合は、11号車か12号車の座席だと安心です。

ただ、この座席はライバルが多いので予約はお早めに!!

ポイント5 おやつやおもちゃでグズリ対策を

長丁場の新幹線移動。ずっと寝ていてくれると助かるのですが、そんな都合良くいかないのが子供です。

東京から広島まで約4時間。うちの息子はよく寝る方なのですが、さすがに環境も違うので4時間も寝てくれるとは思えません。

しかも、食後は絶対に「もっとくれ〜」と食いしん坊スイッチが入ってしまい、グズリまくります。
家では、無視してほっとくのですが、新幹線の中ではそうも言ってられません。

そんなグズリ対策におやつとおもちゃを準備しましょう。

おもちゃは周りの人に迷惑にならないように、音の出ないものがオススメです。

絵本とか良いですね。ただ、うちの息子、絵本に全く興味がないので、ゴールデンウィークまでに絵本に慣れさせようと思います。

さいごに

息子と乗る初めての新幹線。不安や心配なことだらけですが、万全な準備で楽しみたいと思います。

余裕がないとイライラしてしまいそうなので、しっかり準備してちょっとのアクシデントは、笑って乗り切れるようにしたいと思います。

それでもダメだったら、それはもう良い思い出だと思うことにします。

みなさんも、万全な準備で楽しいゴールデンウィークをお過ごしください。

こちらの記事もおすすめ

子連れで新幹線を乗る時のおすすめの座席はここ【実際に乗った感想です:のぞみ編】

スポンサーリンク

スポンサーリンク







-おでかけ・旅行, 季節モノ
-

Copyright© KOSOMA , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.