KOSOMA

子育てママ応援サイト

ライフスタイル 使ってみた・行ってみた

赤ちゃんのお尻が赤くかぶれているのはどうすれば良いの?息子はこれでかなりよくなりました。

投稿日:2018-06-11 更新日:

赤ちゃんって可愛いですよね。
でも、可愛いだけじゃない!!

子育てが初めての方は、心配事や悩みなど、「これってどうすれば良いの?」ってことでいっぱいですよね。

私も息子が生まれて、毎日いろんな事がおこって、本を読んだりネットで調べたりと右往左往していました。

そんな悩みの一つが赤ちゃんのお尻かぶれでした。

うちの息子は、お尻の穴の周りだけ真っ赤になって、ひどい時はちょっと皮が剥けたみたいになってしまいました。

「病院に行くか?」、「それほどでもないような気もする」そんな時にやった対策で、息子のお尻の赤みはかなりよくなったのでご紹介します。

ただ、たまたまうちの息子に効いただけで、どんな赤ちゃんにも効果があるとは限らないのでご了承ください。
また、ひどい赤みやかぶれの場合は、躊躇せずお医者さんに相談してくださいね。

他人が聞けばどうってことない内容のことでも、小さな赤ちゃんのお母さんにとっては夜も眠れないくらいの心配事です。
そんな心配事が一つでもなくなる手助けができればと思っています。

症状について

うちの息子は、生まれてから2ヶ月くらいまで、主にお尻の穴の周りが赤くただれるようなかぶれ方をしていました。
沐浴後に体をタオルで拭いてあげる時に、いつも痛そうでかわいそうだなと思っていました。

スポンサーリンク

おむつのムレから守ってあげる

まず、私が考えたのは、「何か薬を塗った方が良いのでは?」ということです。

赤くかぶれた患部をむき出しにしていたら、おむつのムレでどんどんかぶれがひどくなるのでは?
とにかく患部に直接おむつが触れることから守ってあげたいと思いました。

でも、赤ちゃんに使える塗り薬って何?

当時、私は母乳をあげる時に乳首が切れて痛かったので、産院を退院する際に看護師さんにおすすめされたこの軟膏を乳首に塗っていました。

このランシノーは、羊の毛に付着する油分でできている軟膏で、天然成分なので赤ちゃんが口にしても大丈夫な製品です。

産院の看護師さんに勧められたので、安心できる商品だと思い、私はこの軟膏を息子の赤くかぶれたお尻の患部に試しに塗ることにしました。

すると翌日には赤みがひいて、だいぶ良くなりました。

正直、乳首が切れて塗っていた時は、そんなに効いてる感じがしなかったので、あんまり期待していなかったので、その効果にびっくりしました。

ちなみに、ランシノーは「西松屋」でも購入することができますよ。

私は、結局卒乳するまで4本くらい買ってお世話になりました。

おしりふきはやわらかいコットンで

先ほどご紹介した「ランシノー」でだいぶ良くなったのですが、どうしてもおしっこやうんちをするたびにお尻を拭きますよね。
その時に、一緒に「ランシノー」も拭き取っちゃうんですよね。
しかも、新生児のおむつ替えの回数ってハンパないです。

なので、お尻を拭くたびに「ランシノー」を塗っていたら、「ランシノー」がいくつあっても足りません。
「ランシノー」は、ぶっちゃけ、なかなかいいお値段しますからね。

また、薬を塗るのはお風呂上がりの清潔な時がいいかなと思って、私はお風呂上がりに一度だけ塗っていました。

そうすると、ちょっとお腹がゆるい時なんかは、「ランシノー」だけじゃ、かぶれがひかなくなってしまいました。

ということで、息子のお尻のかぶれがひどい時は、お尻拭きを変えてみました。

それまで使っていたのはこちらのお尻ふきです。

アカチャンホンポのおしりふきをおしりふきウォーマーで温めて使っていました。

でも、これでも赤ちゃんのお尻かぶれには刺激が強かったようなので、これに変えました。

おしりふきをコットンに変えて、お湯で濡らしてお尻を拭くようにしました。

これに変えて、だいぶお尻のかぶれが改善されました。
ただ、お出かけの時はこのセットを持ち歩くわけにはいかないので、お出かけの時は、最初にご紹介したアカチャンホンポのおしりふきを使っていました。
と言っても、新生児の時はあんまりお出かけしませんでしたけどね。

さいごに

息子の場合は、この「ランシノー」と「おしりふきセット」でお尻かぶれが最悪なことにはならず、病院のお世話にもなりませんでした。

赤ちゃんの真っ赤なお尻。かわいそうですよね。

気になるようでしたら、ひどくなる前に今回ご紹介した方法を試してみてください。

もし、それでも赤みがひかなかったり、ひどくなるようでしたら、一人で悩まず病院に連れて行ってあげてくださいね。

赤ちゃんのお世話は大変だけど、一人で悩まないでください。
頑張りすぎないで、ちょっと楽しむくらいがちょうどいいですよ。

気がついたら、いろんな事ができるようになって成長がたまらんです。

今回の対策が、少しでもあなたの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク







-ライフスタイル, 使ってみた・行ってみた

Copyright© KOSOMA , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.